2013年05月21日

どこかで無くしたアイツのアイツ。

さて、完全にやってしまいましたね。

見事なまでの更新遅れです。

ここは、男らしく言い訳なんてしませんよ。
ただ、忙しかったんですよー。

さあ、早速言い訳をぶっ放したわけですが
この間、実家の近くにあった謎の建物に機会があって
潜入してきたんですが、

外に出たら、すごく見慣れた光景、でも中に入れば
これどこ?ってなる感覚が新鮮で、しってる景色の中の中は
全然知らない景色、って当たり前の事なんですが今更ながら
思ってしまいました。

そんな感じで、例えば、凄く見慣れた景色も角度を変えると
全然違ったように見えたりして。

普段歩いてる道を普通より、上を見上げて歩いたりね。

建物の一階の事は、よく見てるんですけど
二階とかって周辺視界でしか認識してないから
あれ、ここってこんな風になってたんだってなったり。

歩きなれてる道も、ほんの裏道に入るだけで
どこだか分からなくなったり。

そんなふうに、すごく仲のいい友達も、見たことのない側面を持っていたり
そういう側面を知ることなく終わって
それはきっと悪いことでもなんでもないんですけど。

僕も、人に見せない側面や、見せたくない物事、たくさんあります。
しかも、いまだに自分自身よく分かってないこともあったり。

ほんとに分からないことだらけですよね。世の中。

だから知りたくなる。
知っても知っても、際限は無いけれど。

探究心を忘れず行きたいですね。
posted by ステレオタイプ at 08:12| Comment(0) | Vo.Gt.タカハシタクマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

ラブラブドールレトリバー。

どもども、土曜日の人 タカハシです。

一日更新が遅れましたが、なぜならば昨日はライブだったからです。
北山通りという京都でも有数のおしゃれスポットにて繰り広げられた
ライブサーキット「LOVE MUSIC KITAYAMA」

北山通りはですね、東京で言えば青山的な、まさにテルマ的な、
さらにいうとエロマエ的な空気感を醸し出している感じですかね。
青山いったことないですけど。

青山ときたらテルマってのもベタですよね。
剛昌、と言えるくらいになりたいものだ。

なんや青山といったら、青空喫茶が立ち並ぶ、そんなイメージですね。
北山通りに青空喫茶なんてないような気がしますが、
あくまでイメージなんで。

ほら、写真はイメージです。って言うでしょ。
だから出てきたものが写真と全然違っても文句は言わない。
そんな存在に僕はなりたいのです。

そんな感じで、北山通りを舞台に4つのステージを組み、
アコースティックを中心にアーティストは集められたようなのですが
僕らはガッツリバンドでやらせて頂きましたよ。
俺のパンチ喰ろてみるか?とガチンコファイトクラブ的なノリで
俺なりのロックをかましてきました。

会場は「陶板名画の庭」という普段は名画を見れる場所なのですが、
そこに機材を並ばせ、おしゃれと音楽の融合がなされておりました。

こんな感じです。

BIReO0BCAAAupP0.jpg

きれいな体してるだろ?それ、裸なんだぜ。

と、ばかりにガチムチな男性たちをバックに演奏しました。
おしゃれでしょー??

写真では伝わりづらいですが、吹き抜けになっておりまして
天然のリヴァーヴが心地よかったであります。

そうそう、強行スケジュールでこの日に新しいアーティスト写真をいつものカメラマン
ハブくんに撮ってもらいました。また近日中にアップしますね。

そして、色々なアーティストを見てまわり、僕は個人的にサモナイタチ村島君、中村佳穂ちゃん、やまもとあつし、シンガロンパレード、永尾蕗子ちゃん、藤村光太くんなどと勝手に打ち上げに行きました。

僕的にはかなり珍しいメンツだったので、楽しかったです。

夜からは雨が降ってしまい、ちょっと天候には恵まれませんでしたが、
愛する北山通りを音楽で一杯にしたい、という思いで
とても良いイベントだったと思います。

どうか来年も再来年も、続けて頂きたいですね。

どうもありがとうございました!
posted by ステレオタイプ at 20:00| Comment(0) | Vo.Gt.タカハシタクマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

イタリアでもホモでありたい。/Vo.タカハシ

どもどもー、ドモホルンリンクルですー。

タイトルは、逆から読んでも同じ言葉になるアレです。
ちなみに山本山は逆から読んだら、まやともまやじゃんって
小学生ながらに疑問でした。

4月1日は梅田シャングリラでの自主企画。
終わってまいましたねー。いやー、楽しかったです。

メンバー同士で話し合って、きちんと共有出来るバンド、というコンセプトで
集めただけあって素晴らしいメンツだったと各界の著名人からも評判だったと
ちまたでは噂されています。

奇跡みたいな時間を本当ありがとうございました。

会場にて発表いたしましたが、ステレオタイプはいよいよ全国流通盤の
CDを7月3日に発売します。全国のタワーレコード限定のリリース予定です。

ステレオタイプとしては6年、音楽をやりだしてから10年経とうという
このタイミングでやっとありついた全国流通です。

大切にかつ慎重に事を進めていこうと思っております。

今後の予定としましては、PVの撮影や、リリース近辺でのアウトストアイベントが
目玉イベントとなっております。
アウトストアイベントの方は、6割がた形は決まっておりまして、
とても楽しいことになると思いますよ。はやく発表したいです。

リリースに伴ってリコメンド文も各界の著名人から頂いております。

4月21日にホームページの方で頂いたリコメンド文の方を紹介しようと
思っているのですが、
真っ先にくれたのが、nothingmanの宮下くんで、
nothingmanとの付き合いの歴史をついつい思い出して
ジーンとなってしまうくらい良いリコメンド文だったのもあり
先行的にこちらにアップさせて頂こうと思います。

-------------------------------
宮下浩/nothingman

めずらしく夕方からビールを呑んだ。
できることならこのまま明るいうちに風呂に入りたいと思っている。
ここ最近、自分がすごく贅沢だと思える瞬間の一つ。
そんな当たり前のことが、こんなに幸せなことだったなんて
どうして今まで気がつかなかったんだろう。
きっと与えられてきた当たり前の時間が
本当は当たり前なんかじゃなかったってことに
ようやく気づき始めてきたのかもしれないな。
それには時間が必要。
そういえば、とても長い時間僕らは
理由のない不安だったり、些細なことでイライラしたり、
隣りの芝がとても青く見えて焦ったりしてきたよな。

ステレオタイプの新作が届いた。
随分前からの同い年の友達がはじめて世に出す流通作品。
それなのに一曲目が「ライフイズビューティフル」かよ。
ずっと、ずっと前から彼が歌ってきた、
僕がステレオタイプの中で一番好きな歌だった。
聴いてみて思ったんだけど、
流通するのさ、あの時じゃなくて良かったよ。
今で良かった。
今が良かったよ。

もう、色んなこと何十週もして
ようやく今ここにたどり着いたんだよな。
僕も音楽続けてきて
今このコメントを書く事ができて本当に良かった。
続きはこのCDに、
全国津々浦々、
何十週も回ってもらおうぜ。

発売おめでとう。

--------------------------

いやー、ほんと嬉しいわ。
熱すぎるコメントっすわ。。。

他にも、まだまだ素晴らしいコメントたくさん頂いております。
初めてのことなんですけど、本当嬉しいです。
早く発表したくてウズウズしてるっす。

4月21日をお楽しみに!

ここからステレオタイプ、6年目にしてスパートかけて行きますので
どうぞお見逃し無く!!
posted by ステレオタイプ at 11:11| Comment(2) | Vo.Gt.タカハシタクマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。